M4L用IRCAM製プラグイン、IRCAMAXがリリース

(IRCAMAXのサイトよりSuperVPSynth)

フランスの国立音響音楽研究所IRCAMがIRCAMAXをリリースしました。
どれも有料なところが昨今のIRCAMっぽいでしょうか。フォーラムソフトウェアのように年間いくらという料金体系では無さそうです。M4LであればMaxからオリジナルのパッチを開くことができるので、オブジェクトを別のパッチに移植できることを考えると安上がりなM4Lパッチもあるのかもしれません。

http://ircamax.ircam.fr/ircamax_home.html?L=1

フェイズボコーダーであるSuperVPやマルチバンドディレイなどを使いM4Lパッチが作られているようです。普段からIRCAMのMax/MSPオブジェクトを使っている人ならば自力で作れそうな感じで、あまり目新しい感じはしないかも知れません。

それでもabletonユーザーにとってはこれらのテクノロジーをパッチを組むこと無しに手軽に利用できるメリットはあるでしょう。

それにしても、これまでのIRCAMのイメージを覆すサンプルムービーの音楽の数々ですね。
ある意味で、現代音楽のターニングポイントを連想してしまいます。

Computer Music: Synthesis, Composition, and Performance Computer Music: Synthesis, Composition, and Performance
Charles Dodge Thomas A. Jerse

Schirmer Books 1997-07-02
売り上げランキング : 13087

Amazonで詳しく見る by G-Tools