Media Ambition Tokyo 2019 参加のおしらせ

投稿日: カテゴリー: 活動・告知
View this post on Instagram

#mediaambitiontokyo

A post shared by Akihiki Matsumoto (@akihik0ma) on

本日2/23から3/3までMedia Ambition Tokyoです。
僕はシナスタジアラボ feat. evala の作品の振動と音周りの作曲ツール?の開発をしています。

View this post on Instagram

#keitoriki #mediaambitiontokyo

A post shared by Akihiki Matsumoto (@akihik0ma) on


現場設営では未来ある若手にもこういった最先端の経験をしてもらおうと、選りすぐりの優秀な若手アシスタント等力桂さん、余湖雄一さん、鈴木健太郎さん、浪川洪作さんにも来ていただいて、早速ゴリゴリ運用プログラムだったりライゾマティクスさんの照明チームと連携させるためのプログラムを書いてもらったりもしました。


View this post on Instagram

#mediaambitiontokyo #ハイパーメディアクリエイター

A post shared by Akihiki Matsumoto (@akihik0ma) on

「育てながら勝つ」を目標に現場では僕自身はあえてパソコン開かずに若手に対するディレクションとアドバイスに徹してもうまいこと質を落とさずにというか、むしろいつも自分が一人で仕事してるときよりもハイクオリティーに運用プログラムは仕上がったと思うので一安心です。


View this post on Instagram

#mediaambitiontokyo

A post shared by Akihiki Matsumoto (@akihik0ma) on


時間がない現場なのでファイル変更や仕様変更に伴う作業が生じないようにあらゆる部分を先回りしてどんなこと急に言われても困らないように、いろんな解析かけて自動化していたりします。そのへんはチームラボのスーパープログラマー鈴木さんの知恵がかなり活用されてます。

みなさん本当にありがとうございました。
 
以下HPより
 
シナスタジア X1 – 2.44
シナスタジアラボ feat. evala (See by Your Ears)
シナスタジアラボが手がける、共感覚体験装置「シナスタジア X1」。 44の振動子を組み込んだ装置に身を委ねると、音と振動、光に全身が包み込まれていく。 今回はサウンドアーティスト evala (See by Your Ears) を招き、体験者の身体そのものがメディウム(媒介)となる新たな音楽体験を提案。 意識が研ぎ澄まされていくフロー状態へと、体験者を誘う。
 
Designed by シナスタジアラボ Creative Direction: 水口 哲也 (Enhance)
Product Design: 清水 啓太郎 (Rhizomatiks)
Structure Design: 吉原 慎助 (Eisaku Workshop by FUJIOH)
Produce: 佐藤 文彦 (Rhizomatiks)
Synesthesia Production Management: 山田 秀人 (Enhance)
Technical Management & Haptic Design: 花光 宣尚 (Enhance)
Audio Architecture by See by Your Ears
Composition & Programming: evala (See by Your Ears)
Audio Software Development : 松本 昭彦
Audio Engineering Support : ACOUSTIC FIELD
Audio Production Management: 塚田 有那 (See by Your Ears)
Lighting Design: 田井 秀昭, 元木 龍也 (Rhizomatiks)
Lighting System Development: 田井 秀昭 (Rhizomatiks)
Technical Support: 西本桃子, 浅井裕太, 毛利恭平 (Rhizomatiks), 神山 洋一 (Cidre Interaction Design)
Lighting Arrangement: 丸井 通勢 (michinari)
Lighting Equipment: PRG
Product Advisory: 佐藤 栄作 (Eisaku Workshop by FUJIOH)
Product Support: 辰巳 正彰, 清瀬 光広, 八代 直紀 (mono conception products), 清水 隆行 (Eisaku Workshop by FUJIOH)
Space Design & Construction : Propeller & Co.
Film Direction: 志村龍之介 (maxilla)
Roppongi Hills, Mori Tower 52F, TOKYO CITY VIEW
六本木ヒルズ 森タワー52階 東京シティビュー
Google Map
2/23(sat)–3/3(sun) | 10:00-22:00
Schedule
無料(東京シティビュー入場料が別途かかります。)
東京シティビュー入場料
一般当日1800円、シニア(65歳以上)1500円、学生(高・大学生)1200円、子供(4歳〜中学生)600円
#mediaambitiontokyo