サイエンスアート東京大学柏の葉キャンパスIPMUにてインスタレーションの展示

投稿日: カテゴリー: 活動・告知

Screen Shot 2018-10-19 at 11.57.08

https://www.ipmu.jp/ja/2018102627-OpenHouse2018

10/26, 27の二日間東京大学柏の葉キャンパスIPMUにてインスタレーションの展示を行います。
この作品はいわゆるサイエンスアートと呼ばれるもので、自由に創作しているわけではなく科学の研究の成果を芸術という形で具現化しているものです。
Kavli IPMU の研究者にご提供いただいた、宇宙のはじまりから宇宙年齢約138億年の現在までをシミュレーションで実現した宇宙の揺らぎのデータを元にサウンドインスタレーションを構成しています。
簡単に説明すると宇宙の進化を音の変化として鑑賞できるように作品化しているものです。
宇宙に音は無いと思うので正解があるものではないというところはサイエンスとは違うアートの想像力が試される部分です。

この種の作品はほんとうに難易度が高いのです。
仕上がりを良くするために恣意的な数値の選択をすることができない場面が多々あるためです。
それをやっていくとサイエンスとしての価値などゼロに等しくなってしまうため、好き勝手やっているのと変わらなくなってしまうのです。
かといってデータはそのままでは作品には程遠いもので
データという要素と芸術という結果を繋げる道筋を作っていくのが芸術家の仕事という感じです。

2日間ですのでお越しいただく方は事前にご連絡いただければ僕が直接対応することも可能ですのでよろしくお願いいたします。

日時:両日 10:00-16:30
場所:セミナーB前の廊下奥
データ提供協力:西道 啓博 Kavli IPMU 特任助教, 松村 知岳 Kavli IPMU 特任准教授
技術協力:株式会社アコースティックフィールド, 浪川洪作

〒277-8583 千葉県柏市柏の葉5-1-5

シャトルバス
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/gsfs/shuttle-bus/2017shuttlebus_j.pdf