Jitterでグリッチ音響の生成

Max/MSPを利用して、グリッチ音響を生成するプログラムを作るための解説ページをオープンしました。パッチも公開しています。
これはMSPによる音響処理ではなく、Jitterによる映像処理を音響処理に応用した例となります。

グリッチとは

言葉の語源はドイツ語のglitschig(滑りやすい)から来ているように、ドイツ語圏から始まった音楽のスタイルです。
音楽におけるグリッチとは回路の接触不良や、コンピュータの誤動作などで出てくるノイズのような音を素材とした音楽のジャンルの総称です。通常は望まず発生してしまったノイズを音響的に活用した音楽がグリッチです。

古くは80年代のファミコンのエラーによる持続音のノイズを何度も聞いた人は少なくないと思います。
音楽におけるグリッチは90年代のOval (オヴァル)のCDの盤面をマジックペンで汚し、わざと音飛びを起すことで得られる音をを音楽的に使う手法が音楽の表現では特に有名です。

日本では1985年に刀根康尚が壊れたCDをTechno Eden というパフォーマンスで使用したのが最初と言われています。アナログの時代では1970年代にターンテーブリストであったChristian Marclayが壊れたレコードをあえて自身のセットの中に加えていました。この壊れた音源を逆手にとって音楽に昇華するというアプローチがグリッチの原点です。

http://homepage.mac.com/sinx_music/maxmsp/glitch.html