アートとデザインの違い


twitterでアートとデザインの違いをどう考えているか問いかけてみたところ、その世界の第一線で活躍する芸術家、ミュージシャン、サイエンティスト、エンジニア、作曲家、デザイナー、研究者のかたがたから、想像以上にいろいろなご意見をいただきましたので、紹介させていただきます。

ちなみに私自身はアートとデザインの違いは、アートというのは世の中に対して問題を提起する活動、デザインというのは世の中に既に存在する問題を解決するための活動だと考えていて、共有する部分もあるものだと考えています。

以下は皆さんの意見。

@saru_rock69: 万人に同じアクションを求めるのがデザインで求めないのがアート?ですかね?

@onom: 内に向かうのがアートで、外に向かうのがデザインだと思います。

@mellow_mewmew: デザインは、ものごとの最もあるべき自然な形を見出す作業であると、大学で講義を受けて感じた。アートが0を1にするものなら、デザインは100を1にする作業ではないかと…もちろんその1は、100よりも洗練された1。

@comet_Morigi: デザイナーは、クライアントの取引(だけ)を「仕事」と呼ぶが、クライアントの無い創作は「作品」と呼ぶ(仕事のつもりは無いらしい)。アーティストは、クライアントが無くとも制作するし「仕事」と言う。

@mtprince9: ひとつとしては、アートは問題を提示してデザインは問題を解決する手段である。もうひとつはアートは恋でデザインは愛。

@naokiring: 私はシンプルに、アート=表現の追求、デザイン=設計。

@alltbl: ヨコから。僕はアートが設計で、デザインが表現かと思ってました。

@keiichiroshibuy: アートは震えるデザインはトキメク☆

@YOZO0321: アートは独り立ちできる「作品」、デザインはある物に既に存在する物に「付加価値を与えるもの」というイメージですね。

@isinoid:「違いなんてあるの?」ってことになると思います。もっと言えば「分ける必要はあるの?」となりますね。

@soup72xxx: 心がアート?形がデザイン?ですか。

@kamakuni: アートとデザインの違い:作品の先に自分がいるのがアート、他者がいるのがデザイン

@FarOrb: デザインは「意匠」「設計」アートは「芸術」「美術」

@soup72xxx: 飛ぶのがアート?歩くのがデザイン。又は骨がアート?肉がデザイン?

@szkx: アートは主観芸術。デザインは客観芸術。

@teruak: 自分にとってデザインは下心があるかもしれない恋でアートは愛かも

@k_michi: アートは情報の発信。デザインは情報の整理。

@oblqoblq: アート:やむにやまれずするもの/デザイン:人のためにすること

@FarOrb:アートは文芸・美術・音楽・演劇などの作品そのものを指し、それを作っていく過程をデザインと称することがある、というのが昨今の言葉の意味かと。「このアートは○○によってデザインされた」って感じ。

@ENOKI_Toshiyuki: 私の考えはもっと割り切ったもの、アートはデザインに内包される。

@inami: 「アート」は内なる衝動に基づき、自己の表現に価値を見出す物。「デザイン」は社会に基づき、他者と共有される事に価値を見出す物……だと思います。

@axjack_: 横から失礼します。「アートは(それ自体が)引き立つもので、デザインは(何かを)引き立たせるもの」だと思います。

@affable_noise: アートは主観>客観 デザインは主観<客観

@sachi_: 以前、アートは自分の価値観や想いを表現したイメージで、デザインは誰かにこう使って欲しいとか期待を込めたイメージだと考えたことがあります。

@macbooktouch5G: 自分勝手に自己中にアートする事は可能な気がするけど、マイペースなデザインってしない。。のでは?

@ToshihiroANZAI: そういえば、こんなのがありました。「デザイナーはヒトインフルエンザで、アーティストは鳥インフルエンザ」説。http://bit.ly/dkDtIb

@habu_t: グラフィックに限ればね。 QT @alltbl: ヨコから。僕はアートが設計で、デザインが表現かと思ってました。

@pseudotaro: アートは毒、デザインは薬。

@tronicaz: 掛け算がアート、引き算がデザイン。

@A__k1wa3: アートはソフト、デザインはハード

@wonosatoru:「アートはこわすためにつくる。デザインはつくるためにこわす」

@tatmos: デザイン対象が無いものがアートな気がする。アートの中にデザインとか、デザインの中にアートとかあるような気がするけど・・・。

@papilio17: 「アートはアウトプットすることによるインプット(あるいは純粋なアウトプット)、デザインはインプットを経たアウトプット」かなあ。アートが見ているのは自己、デザインが見ているのは他者ともいえるかも。

@mattoct_lee: アートは生、デザインはコミュニケーション。

@chez_sugi: 語義からするとデザイン=意図、アート=技術なので、もともと不可分だったこの二つが近代になって分離され技術が外注化可能になったものがデザイン、従来通り技術が内包されているのがアート。

@A__k1wa3: アートは形容詞的、デザインは動詞的

@suffersonic: アート=アントニオ猪木、デザイン=ジャイアント馬場

@inuro: デザインはある目的を達成するための仕事で、アートはそれを含めた過程そのものを差す、レイヤーの違う概念な気がします

@affable_noise: ~をデザインする、とは言えるけど、~をアートするとは言えない点は興味深いかと思われます。

@junnoz: アートは見たことがないもの。デザインは見て気持ちいいもの。もうひとつは、アートは問いかけ、デザインは答え。

@SincereA: アートは自分に問いかけて作る。良いアートは他者に対してもリフレーミングを促すことができる。デザインは他者を観察して作る。良いデザインは問題を明らかにして解決することができる。両方できる人もいる

@kzk10: アートは伸びていく(続いていくもの)デザインは完結しているもの。

@fffx000: デザインは粋なもので、アートは純粋なもの。デザインは大衆に向くものでアートは自分に向かうもの。デザインは手段、アートは目的。全く違うものかなと思います。

@drkazuo: アートは「主観的」創造であり、デザインは「客観的」な創造です。つまり、自分が評価を主観で発想し表現するのがアート、自分だけでなく他者の客観的な評価に対して、主観性を離れて伝達できるのがデザインである。デザインは、すでにアートの主観性を包含できる客観性有り

@symbiotique:「アートとデザインの違い」を問われて、殆どが二項対立を創ってしまうのは何だろう。みんな素直ですね。

@minori_yamazaki: アートはオカルト、デザインはサイエンス

@isaribito: その存在がその世界で完結するのがアート、その存在が二次的に他の要素と絡むのがデザイン。アートとデザインは数学と物理の関係に似ている。

@junnoz: アートとデザインはちがう。混同している自称クリエイターの多いこと。

@kanaya: アーティストは患者,デザイナは医者.

@minori_yamazaki: オカルトにサイエンスフレーバーをかけたもの、サイエンスにオカルトフレーバーを混ぜたものもあるので注意

@kanaya: 正直に言うと,思いやり(=デザイン)のないアーティストは本当のアーティストではないと思っている.

@minori_yamazaki: 「アートは生き様、デザインは生き方。」

@shrotokng: アートはアクション。デザインはリアクション。

@minori_yamazaki: 「アートは死に様、デザインは死に方」。

実に多様な捉え方が並んでいてこれこそが世の中をカラフルに彩って、豊かな世界が作られているのだと思います。何が正解なんていうことはないテーマですが、だからといって考えなくていいテーマではないと思います。

ちなみに、この違いを最も意識して仕事している職業はウェブデザイナーなのではないかと思います。Webサイトは現在アートともデザインとも言えないようなコンテンツが多く混在しており、目指しているものがアートかデザインかで、クライアントと意見が合わないなんてことは誰でも経験があるのでは?
嫌がおうにも意識してものを作っているのではないかと、自身のWebデザインの仕事の経験からも感じました。

アルゴリズミック・アーキテクチュア
アルゴリズミック・アーキテクチュア 田中 浩也

彰国社 2010-02
売り上げランキング : 12251

おすすめ平均 star
star建築・デザインの真の新しさとは何か
star建築に関わるすべての人が目を通して損はない。

Amazonで詳しく見る

新 構成学―21世紀の構成学と造形表現 新 構成学―21世紀の構成学と造形表現

六耀社 2006-04
売り上げランキング : 105622

Amazonで詳しく見る