ダンブル系オーバードライブMad ProfessorのSweet Honey Overdrive

DSC00176-1

ギタリストにとって歪みはギター本体の次に重要な要素。
歪みが重要な理由はいくつかあると思いますが、第一に音色の幅が広げられるという点です。
クリーントーンでは弱い音で演奏したときと強く弾いたときとで差はそんなに大きくないのですが、歪ませることでスペクトルの変化を拡張できます。
そうやって右手で音色のダイナミズムを持たせる意味で歪みが重要になってきます。

DSC00213-1

歪みの音色自体にはトレンドがあって、流行の音楽を聴いているとこの音はちょっと最近聴かなくなったとか、今使ってる人が多いみたいな傾向がわかります。
自分の好きなものをとことん追究するっていうもの大事ですが、音楽を商品としてより多くの人に聴いてもらうためにはファッション性というものも重要で、音色というのは音楽内部ではファッションのように機能するケースが多いと思います。
そういう意味で、今売れている機材を導入するというのは理にかなった作り方ではあると思います。

DSC00433-1

で、最近ちょっとあまり聴かなくなってきたのがTS9やOD1のようなオーバードライブをブースターにしてマーシャルアンプをハードに歪ませるような音。
この音は割とマイルドで、低音も高音も削れてミドルが立ち上がるという方向なんですが、王道とはいえ、最近10代の若い人達は全然この音を使ってないですね。

DSC02301-1

僕もオーバードライブはTS9をメインで使っていて、ロングトーンのソロでエッジが立ちすぎないようにフィルターの意味も兼ねてブーストさせて使ってました。TS9自体も内部配線をBelden8412をほぐしたケーブルにし、オペアンプも交換しているので若干艶ありなファットな音だったのですが、それでもジャキジャキな音では無いです。

DSC00359-1

しかし、クリーンなアンプをエフェクターで歪ませてクランチにするときにエッジが必要な場合も出てきて、本来クランチはアンプで作るのが一番レスポンスも繊細さも出ると思っていたのですが、最近のブティックメーカーのオーバードライブの性能の良さはときにアンプを上回ることも知っていたので新たにMad ProfessorのSweet Honey Overdriveを導入しました。
実際某楽器店で、この商品について聞いてみたところオーバードライブ部門では売り上げもSHODがダントツ一位だそうです。次に売れてるのはフルトーンのOCDだそうです。

DSC00428-1

Mad Professorというブランドはフィンランドのメーカーです。
BJFEのHoney Bee Overdriveを元にしたSweet Honey Overdriveは元々はハンドメイドですが、今は量産品も安価に出ています。
音の方向性としては大きくは変わらないです。
http://www.mpamp.com/

Sweet Honey Overdriveは、ピッキングに対する反応性が非常にすばらしいです。
ここまで強弱が音色に反映されるオーバードライブは珍しいです。
ボリュームを絞れば完全にクリーンの領域までいけます。
右手の手加減だけで歪みにもにもクリーンにもなります。

なので、歪むか歪まないかのギリギリのクランチでこのエフェクターを使うのが一番美味しい部分だと思います。
FOCUSノブもききがよくて、マイルドなオーバードライブからジャキジャキなクランチまで微調整がききます。
音色としてもとてもコシがあって、昔のエフェクターにありがちな画一的でペラペラなオーバードライブの歪みかたとは違います。もうすこし立体感があるというか、きちんとピックに引っかかってくるアタック感があります。

http://www.mpamp.com/factory-pedals/sweet-honey-overdrive-factory-pedal/#tab-id-1

主な仕様

VOLUME: アウトプットボリューム
DRIVE: 歪みの量
FOCUS: 全体のEQ調整. 絞ると歪み量も下がりメロウな音になり、上げていくとトレブルブーストに加えて若干歪みが増す。11時の方向がフラットな特性。

Supply voltage range: 7,5 to 18VDC
Current consumption at 9VDC: 5 mA
Input inpedance: 260K
Output impedance: 25K Ohm’s
Complete bypass (true bypass)

Sweet Honey Overdrive使用アーティスト

Laurence Jones
Will Johns
Jerry Donahue
Rich Eckhardt
Kirk Fletcher
Duke Levine
Jacob Petersen
Josh Smith
Nick Sterling

Sweet Honey Overdriveはダンブルアンプをモチーフに設計されたと言われているエフェクターで、確かに弾いてみてわかったのですが、youtubeで見るダンブルアンプに質感が似てるんです。

ダンブルっぽいから欲しかったってわけではないのですが、TS9には無いハイのエッジがあるので、Sweet Honey Overdriveでクランチを作ってフェンダーアンプでストラトなんかで弾くとアンプで歪ませるよりも好きな感じにジャリジャリ感が出るので今後も活用していくと思います。