spatium.maxはIRCAM SPATの代替になるか!?

投稿日: カテゴリー: Max/MSP, Tool

Screen Shot 2012-10-30 at 9.51.51 AM

ポルトガルの研究者Rui PenhaさんのPhDの研究の一部としてspatiumというオープンソースの立体音響、マルチチャンネルサウンドのためのツール群が公開されています。
用途としてはIRCAM Forum SoftwareのSPATと同じような感じです。
SPATと違ってコンボリューションリバーブのツール等も搭載されていて、リアルタイムに音場をコントロールするためのインターフェイスはProce55ing2が使われています。サウンドエンジンはOSCでやり取りをするようです。

IRCAMのSPATよりは難解な印象がありますが、予算をかけずに手軽にマルチチャンネルのサウンドを制御するには良いのではないでしょうか。

http://spatium.ruipenha.pt/

ただ、このツールは結構エクスターナルオブジェクトを追加でインストールしないと動かないようです。

spatium.ambi :

OpenSoundControl.mxo – http://cnmat.berkeley.edu/downloads

OSC-route.mxo – http://cnmat.berkeley.edu/downloads

multiconvolve~.mxo – http://www.thehiss.org

train.shift~.mxo – http://www.lowkeydigitalstudio.com/2007/03/granular-toolkit-v1-49/
grain.pulse~.mxo – http://www.lowkeydigitalstudio.com/2007/03/granular-toolkit-v1-49/

reverb impulse responses from http://www.openairlib.net

HIR impulse responser from http://sound.media.mit.edu/resources/KEMAR.html

spatium.vbap:

OpenSoundControl.mxo – http://cnmat.berkeley.edu/downloads

OSC-route.mxo – http://cnmat.berkeley.edu/downloads

multiconvolve~.mxo – http://www.thehiss.org

train.shift~.mxo – http://www.lowkeydigitalstudio.com/2007/03/granular-toolkit-v1-49/
grain.pulse~.mxo – http://www.lowkeydigitalstudio.com/2007/03/granular-toolkit-v1-49/

HIR impulse responser from http://sound.media.mit.edu/resources/KEMAR.html

vbap.mxo – http://www.acoustics.hut.fi/research/cat/vbap/

spatium.interfaces (made using Processing – http://www.processing.org ):

oscP5 – http://www.sojamo.de/libraries/oscP5/

The MidiBus – http://smallbutdigital.com/themidibus.php

spatium.trackpad: MT4j – http://code.google.com/p/mt4j/

spatium.plugins (made using xCode – https://developer.apple.com/xcode/ ):

oscpack – http://code.google.com/p/oscpack/
mpulse responser from http://sound.media.mit.edu/resources/KEMAR.html