SuhrのRiotはアタック感重視のギタリストにもおすすめの腰の強さ


DSC08834-1

リリース間近の作品制作中で、作曲はほぼほぼ仕上がったのでレコーディング段階に入ったのですが新たなサウンドを求めてSuhrのRiotというディストーションを導入しました。
アルミ削りだしの紫のボディーは目立ちます
自分の機材ラックの中ではBOSSのDS-1と入れ替えました。
DSC05256-10

ちなみにラックはGCXというループセレクターでプリセット管理していてPODX3Liveのプリセットと連動してオンオフの管理ができるようにMIDIで設定をしています。

DSC08786-1

Suhr Riotオフィシャルページ
http://www.suhr.com/riot-distortion/

Riotにはクリッピングダイオードを3パターン切り替えられるVoiceスイッチが付いていてかなりマニアックな音作りができます。
左―波形の上下が対称のゲルマニウムダイオード
中―波形の上下が非対称のシリコンダイオード
右―波形の上下が対称の発光ダイオード

発光ダイオードというのはLEDです。
LEDを照明ではなく、クリッピングに使っている例はマーシャルのガバナー等でも見られます。
独特なドンシャリの音です。当然ですが中ではLEDが光ってるんです。

DSC08715-1

RiotはRATやDS1のようなクラシックディストーションではなく、ヘビーロック以降の、いわゆるモダン系の質感のディストーションです。
一昔前のディストーションと比べるとちょっと濁ったような倍音が乗っかる感じです。
ジャージャー歪むだけでなくエンヴェロープで音色変化もあり深みがある質感です。
SuhrのRiotはジョリっとした感触がありMESHUGGAHのようなダウンチューニング系のギターでも音が立ってくる感じだと思います。

DSC08829-1

このディストーションを使ったハイゲインの音作りには一つメリットがあります。
それはハイゲインサウンド時にもアタック感を損なわないというところです。

DSC08732-1

DiezelでもRectifireでもJCM2000でもドライブをフルにすると音が飽和して広がってしまい、アタックがかなり潰れてしまいます。
ダイナミックレンジも周波数レンジもアンプは広いのですが、僕の場合どうしてもアタック感が欲しくなります。
そんな人は逆にハイゲインアンプをクリーンにしてディストーションで人工的に歪ませる手段があります。
SuhrのRiotを使うとアンプ直の歪みよりもアタック感が出ます。
これはこれで真空管アンプでは作れない音なので使いどころはあります。

DSC08748-1

更に、Riotは18Vまで対応しているので、一般的な9V以外の電源を使って音作りをしてみても面白いかと思います。
音の特徴は9Vに比べて音がクリアになり解像度が増した感じになります。
9Vより弦の分離が良くアタックの輪郭もクリアで鮮明になるため、18Vのデメリットが見当たりませんでした。

音色はファッションと一緒で必ずトレンドがあるものです。
好きだからという理由だけで我が道を突き進む非モテ路線も重要だけど、少しでも音楽を売りたいなら周りの流行の音の状況をリサーチした上で、ときには好みのほうを修正しつつ自分の音を考えるのも大事なことです。

ギターの歪みにもトレンドがあり、SuhrのRiotはここ何年かでユーザーが増えてますし、まさに今の時代のディストーションです。
ヴィンテージもいいけど、モダンな機材にも目を向けると音楽の幅はぐっと広がるのではないでしょうか。

Suhr Amps Riot
Suhr Amps
売り上げランキング: 27,695
Suhr / Riot Distortion Reloaded
Suhr
売り上げランキング: 46,055